2018年2月20日火曜日

一週間単位で考える



今日も曇りのち雨である
まだゴミ収集車が来ていない
いやはやの状態である

ひょっとすると前にも考えたことかもしれないが、そうだとしたら再び浮かんできた
それは、一週間を一日として考えるというものだ
その方が自由に動けるのではないかと想像したからである
こういうことを考えるということは、ちゃんと動けていないという証拠である
あるいは、瞑想的な(=だらだらした)生活をしたいということかもしれない
予想通り、週の初めは希望通りになっている
少なくとも最初の「一日」だけは様子を見ることにしたい






0 件のコメント:

コメントを投稿