samedi 30 janvier 2016

単に比較の問題か?



このところ規則正しい生活が続いている
これまでなかなかできなかったことが今年は意外にすんなりできている
9年目に入り、やっと日本にいた時と同じ日常的な感覚に戻ってきたということになる
それは余り望ましいことには見えないが、8年という時間に満足しなければならないのだろう
それに、この精神状態でなければできないこともあるはずだ

今日は雨だが、ビブリオテークに出掛ける
地道に「仕事」を進める
これは今年のプロジェとも言えるもので、これからも続けることになる

最近、ネットで日本の映像を観ることが増えている
そこで、いろいろな人の年齢を見て驚いている
30代か40代だろうと思うと、40代か50代、時に60代にもなっている
本当に成熟しているのかという思いが湧いてくる
急に頼りなく見えてくる

ただ、少し引いてみると、見ている方もそれほど成熟しているとは思えない
そう見える一つの理由は、長い間こちらで見た顔との差が関係しているのではないか
もう一つの大きな理由は、見ている方がそれ以上に歳をとったということではないのか
詰まらないところに落ち着いてしまったようだ





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire