samedi 6 mai 2017

フランス語のクラス、終わる

   フランス語クラスの面々


昨日は久し振りにCUEFEEでの最後のフランス語クラスに顔を出した
実は教室が変わっていたようなのだが、そうとは知らずスペインからの女子学生と暫く待っていた
そこに先生(Pr Amaury Théret, 写真最後列)が現れ、新しい教室まで15分ほど歩く

最後のクールにはわたしを含めて9名が出席
普段の半分くらいだろうか
ドイツ(2名)、中国(2名)、メキシコ、スペイン、モンテネグロ、スコットランドからの学生さんであった
記憶が正しければではあるが、、
内容はSAMBAという映画の鑑賞であった
最後に記念撮影をお願いして快諾していただいた

12回、3か月に及ぶクールだった
余り進歩は期待できそうにないと判断、皆勤とはならなかった
ただ、籠る生活から出て、音としてのフランス語に反応する楽しい時間であった
殆どが20代前半の皆さんだが、しっかりしていて自らの学生時代を思うと感心せざるを得ない
皆さんのこれからの飛躍を期待したい










Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire