jeudi 24 mars 2016

人間到処有青山



今朝ドライブしている時、「人間到る処青山あり」が浮かぶ
この世界を広く使って生きたという願望がどこかにあるのだろう


日常生活のどんな細かい問題でも解決すると、なぜかすっきりする
今朝、一段落してそう思った
「こと」が起こっても、それはいずれ解決するのだ、というオプティミズムがある
それも含めて生きることだ、と理解したからなのか
確かに、先日出てきた時の流れの大きな枠組みの中で今を考えられるようになっているようだ
昔に比べると、著しい進歩と言ってよいのだろう







Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire