2016年8月10日水曜日

トゥールでも翻訳の見直し



今朝のトゥールは風が涼しく、秋を思わせた
朝の路上のカフェは実に気持ちが良い
新しい住処に関しては着いた時の気持ちとは異なり、心静かな状態になってきたようである
なので、今日は翻訳の見直しをすることとした

慣れない作業でもあり、最初の方は四苦八苦してやっていた
しかも全体がよく見えていない状態だったので、問題山積ではないかと想像していた
全体が終わるころになると、訳語の選択や訳し方の自分なりの方針が決まってきた
その視点から全体的に見直す必要がある
まさに、コツが分かった時にはすべてが終わっているのだ
ということで、改めて原文を見ながら確認することにした
そうすると、予想通り、至るところに修正が必要なところが見えてくる
これは致し方ないことなのだろうが、相当の労力が求められる

集中力が持続しないので、カフェを数件とホテルで間隔を置いてやらなければならない
だましだましやるという感じである
物理的な条件さえ揃っていれば簡単なのだろう
しかし、それが難しいのが時の流れの中に生きるわれわれ人間なのかもしれない
心と体の問題は、殆ど永遠である
今は最善を尽くすしか方法はなさそうである






0 件のコメント:

コメントを投稿