samedi 27 août 2016

カニキュールの中、デメナジュマン



トゥールの新しいアパルトマンでの最初の一日が終わった
カニキュールの中、デメナジュマンに明け暮れる
午前中は配達を受け取り、午後からは近くにあるというショッピングセンターへ
日常品の調達だったが、炎天下、結構な荷物を持たされ、汗だく

一段落してから、さらに足りないものが見つかり、今度はバスを乗り換えて南に向かう
その店はバス停からかなり離れている
幹線のわき道を歩くという感じで、こちらも汗びっしょり
特に、帰りはそれなりの荷物を抱えての歩きだったので、休み休みになった
普段であれば絶対にやらないような行軍だったので、自分でも驚いている
やはり、車でもなければ不便なところなのかもしれない
いずれにせよ、文字通りの骨格だけは出来上がったと言えるだろう

行きのバスの中でのこと
突然、男女が大きな怒鳴り声を出して口論を始めた
それから真剣な殴り合いがあり、最後には逆上した女性がバッグからかなりの長さの刃物を出した
これにはさすがに驚く
そこに割って入った男の方の連れがいなければ大変なことになっていたのではないだろうか
周りは静観するしかない状態であった
こんなことが起こる町であることを知った

そう言えば、中年の紳士がアパルトマンについて説明している時、こんなことを言っていた
トゥールにはロワールとシェールという二つの川が流れているので洪水の危険性があること
以前に訪問した時、ロワールの川岸にその歴史が刻まれているのを見ていたので驚かず
さらに付け加えて、地震の可能性も否定できないので、気を付けるようにとのことで驚く
洪水は probable だが、地震は possible ということなのだろうか
そんなことが起こるのか、という繋がりで思い出した

ラブレーさんも耐えているこの暑さ
明日も続くのだろうか





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire