dimanche 17 avril 2016

好印象と共にパリへ



今朝は快晴となった
昨日入った不動産屋の人は、トゥールの素晴らしさを強調していた
個人的にも好印象と共にこれからパリに戻ることができそうだ





出発前の駅のカフェ
こんな広告が地元の案内紙に出ているのを見つけた
トゥールの隣町にダビンチが来てから今年で500年目を迎えるという

冒頭にはダビンチのインタビューが載っている





63歳のダビンチがフランソワ一世に招かれ、フィレンツェからアンボワーズに来たのが1516年
その時の印象を訊かれ、こう答えている
ラバの背に乗ってのアルプス越えの旅は、忘れられないものになった
ただ、『洗礼者ヨハネ』、 『聖アンナと聖母子』、『モナ・リザ』を持って来たので気を使い大変だった


何というタイミングでこの地に移ってくることになるのか
何の関係もないが、なぜか楽しくなるお話であった










Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire