mardi 14 février 2017

活動的な週の初め、そして谷口ジロー氏亡くなる



昨日は朝から活動的に動くことができた
週の初めはそのような傾向はあるが、これまで以上の出来であった
それが週の前半だけであるのは残念なのだが、今週はどうだろうか
先日触れたトラムの支え棒の飾りだが、見直したところでは付いていないものも珍しくない
こちらの注意が散漫だった訳ではなさそうである


大統領選の情勢に大きな変化は見られない

全体を見渡すと、これまで通り、一回目の投票ではル・ペンが26%と先頭を走っている
ただ、2位はマクロン22%で変わらないが、3位のフィヨンが21%と盛り返している
決選投票はフィヨンが残るとフィヨンだったが、その数字が2ポイントほど下がってきた
ル・ペンが僅かだが迫ってきたことになる
マクロンの方も2ポイント下がっているが、こちらの場合は最初から差がかなりある

ここに来て、左派のメランションとアモンの連携話が出てきている
今のままでは最初の投票で4位以下に終わることが見えてきたからだろうか
連携がうまく行けば、決戦投票に残る可能性も出てくる
ただ、メランションは選挙は遊びではなく、闘いであると言っている
そんなに簡単に纏まるものでもなさそうだ
どのようなことになるのか、経過を見守りたい






少し遅くなったが、谷口ジロー氏が2月11日に亡くなっていたことを知る
まだ69歳という若さであった
すでに大きな仕事をされたということだろうか
ブログを調べてみたが、これまで結構取り上げていたことに驚く
特に、こちらに来る前のブログによく名前が出ていた

谷口ジロー (2005-05-18)

 フランス人のブログからこの漫画家を知ったことが分かる

雪を愛で、「植田正治: 写真の作法」 を見て LA NEIGE ET SHOJI UEDA (2006-01-21)

 写真家の植田正治氏の作品と通じるところを見ていた

谷口ジロー 「冬の動物園」 Jiro Taniguchi "Un zoo en hiver" (2009-06-27)

谷口ジロー 「父の暦」 の映画化 (2010-01-18)

「遥かな町へ」 がすでに映画になっていたとは Le film "Quartier Lointain" (2011-05-07)

お昼から 「ふらり」、そして谷口ジローさんの "Furari" に遭遇 (2012-02-23)

ミシュランさんの授賞式に出席、久し振りのカルペ・ディエム (2015-10-06)

 谷口氏の『晴れゆく空』を翻訳した人にも会っていた





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire