jeudi 9 février 2017

大統領選の現況



恒例となってしまった大統領選の現況である
ル・モンドがフィヨン氏の説明に9つの問題があると指摘している

1.ぺネロプさんの雇用を止めたのは、法律で協力者の公表が義務付けられる2か月前だった
  常に透明にしてきたと言ったが、妻の雇用については明らかにされていなかった

2.ぺネロプさんの雇用時期をテレビと会見とネットで変えている

3.ぺネロプさんの仕事の内容が曖昧である
  2007年の英紙とのインタビューでは、彼女の母国語で、助手として働いたことはないこと
  子供はわたしを母親としてしか見ていないこと、自分は「田舎者」であると語っている

4.ぺネロプさんの正確な報酬をぼかしている

5.ぺネロプさんの報酬は正当化されると言ったが、平均より高い理由が説明されていない

6.解約補償金はすでにネットで公表しているとしているが、数字に問題がある

7.ぺネロプさんはまだ自分の仕事を正当化していない

8.フィヨン氏が子供を雇った理由が1月26日のテレビと2月7日の会見で矛盾している
  最初は弁護士としての能力を買ったとしていたが、当時はまだ学生だった
  最初、息子はサルコジの政策に関わっていたとしたが、後にそれを否定している

9.フィヨン氏は2013年の不動産から一部を除いていた
  


最新の世論調査では、ル・ペン氏が相変わらずトップを走っている(faire la course en tête)

ル・ペン   26%
マクロン   23.5%
フィヨン   18%
アモン    15.5%
メランション 13%

昨日フィヨン氏を批判していたバイル氏が出た場合、5%程度獲得すると見られている
その場合、他の候補は0.5%から1.5%下がると予想されている

興味深いのは、決選投票の予想である
もしフィヨンが残った場合、56%対44%でフィヨン
マクロンが残った場合には63%対37%でマクロンの勝利と出ている

選挙までまだ2か月以上ある
どのような流れになるのか、できるだけ追っていきたい





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire