mercredi 5 octobre 2016

学生時代について



最初の学生時代はいずれ社会に出ることが織り込み済みで、そのための時間であると思っていた
それが終わっても何とも思わなかった

今回の学生時代はそういう目的がない、全く自由な時間の塊がそこにあるという感じだった
完全に護られた時間で、どうもそれを永遠に続けたいと思っていた節がある
しかし、そうはならなかった
そう思うのは私的な願望のレベルの問題で、大学はその機能を果たさなければならないからだ

今思い返せば、二度目の学生時代は至福の時間であった
ややノスタルジックな気分である





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire