mardi 25 octobre 2016

もう一つのカフェ?



先日のこと
フランス語で書かれた哲学書を読むカフェをやってはどうか、というアイディアが浮かんだ
生き方に関連した哲学を展開した方の著作を中心にして
以前に開いたSHEの懇親会で出てきた話が思い出されたからだろう
その上、フランス語から読んでいくと、翻訳では得られない何かを感じることが少なくない
わたしの場合、フランス語をやっていなければ哲学には入っていなかったと断言できるくらいである

具体的には、一人の哲学者の書を一冊読むという手もある
しかし、今のところ日本での時間が限られているので難しそうである
面白そうなテーマについて書かれた1章を集中して読む、というやり方であれば可能かもしれない
数回に分けて

ただ、今の3つのカフェに加えてもう一つ増えるとなると、マスターの限界を超えそうな予感もする
勿論、この試みは参加希望者がいることが前提ではあるのだが、、
いずれにせよ、始めることができるのは来年以降になるので、もう少しアイディアを温めてみたい





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire