jeudi 29 septembre 2016

少しずつ浮き上がる



午前中は雲で覆われていた空が、午後から完璧な快晴に変わった
バスでの買い物に出ることにした
実に気持ちが良い
お店の人との会話もこれまででは考えられない
いま少しずつ以前の状態が見えるようになってきた
それはこんなイメージだろうか

普段から自分の中の奥の方に留まっていて、外と積極的に対応しようとするところがなかった
それによって、思索の空間に居続けることができると考えていた節がある
したがって、フランス語で言葉を発することも面倒になっていたのではないだろうか
それで言葉が上達するとは到底思えない
少しずつではあるが、いまそこから浮き上がってこようとしているようである

ところで、いま午後のお茶の時間になるが、隣の部屋からトロンボーンの練習音が聞こえる
実は昨日の夜も聞こえた
これもパリでは考えられないことである




Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire