vendredi 3 mars 2017

先が遠い日常のフランス語



本日は朝から少し仕事をする
慣れないことなので、午後からのクールは疲れが出ていた
おまけに、テーマが若者言葉と芸人の言葉だったので大変であった
これまでを考えると当然だろうが、それを求めていなかったので致し方ない
これがテレビを毎日のように観ていたアメリカ時代との大きな違いになっている
今日から、前半は一人がエクスポゼをやった後にディスカッションというスタイルになっていた


大統領選関連

マクロンが選挙戦の資金をサウジアラビアから貰ったというツイッターが流れたという
ル・ペンの姪がベルギーのニュースサイトに流れた情報を書いたもの
しかし、そのサイトはフェイクニュースだったようで問題になっている

アラン・ジュペの支持者がフィヨンに対して攻勢を強めているようだ
フィヨンのまま選挙戦を進めると傷口はどんどん広がり、右派の死を意味するというのが理由だ
フィヨンの態度は変わっていないが、この圧力はどんどん強くなるのではないだろうか

今日、ジュペが出た場合、ほんの僅かだがマクロンとル・ペンを上回っているという結果が出た
その差を"dans un mouchoir de poche" という言葉で表現してあったが、、
実際の数字はジュペ26.5%、マクロン25%、ル・ペン24%となっているが、誤差は3%だという 
今のままだとマクロン27%、ル・ペン25.5%、フィヨン19%で、フィヨンの脱落は見えている
すでに50人以上のスタッフがフィヨンの下を去っているという
フィヨンにとってますます厳しい状態になってきた


新たにフィヨンの選挙戦の責任者がフィヨンに辞意を表明したとのニュースを見た
事態は動き始めたようだ




Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire