mardi 28 juin 2016

「思想の七大陸」 の住人は何をやっているのか?




昨日、七つの思想のあり方について触れた
それぞれに属する人物は挙げられていたが、彼らがこれまで何をやり、今もやっているのか?
今日は、その中身を見てみたい


1) Systema (測量士と建築家)
このファミリーには一流の形而上学者がいる。測量士の野心は思想のための定点を見つけ、線を引き、知の境界を定めることである。建築家の方は文字通り体系を構築し、ある者は存在の全体をさえ包括している。
2) Sophia (知恵の探究者)
「生きること」と「善く生きること」は全く別のことである。彼らは幸福、少なくとも心の平穏の条件を探究する。真理に到達すること、世界および他者と調和すること、自己を完成するために魂の面倒を見ること。彼らは存在に向けて進む秘訣と羅針盤を持っている。
3) Molotov (秩序の破壊者)
彼らによってスキャンダルは確実にやって来る。鋭い挑発感覚とともに、過激な要素が既成の秩序を不安に陥れ、優勢なイデオロギーを覆す。しばしば孤立しているが、異なる行動様式、異なる思考様式を唱えて、時代と社会を粉砕する。まさにモロトフだ。
4) Pista (調査官)
彼らの情熱は知ること、現実を解読することである。彼らの頭を満たしているテーマや謎は、歴史を介したり、直接その領域に入るというアプローチの多様性とともに非常に多彩である。しかし、彼らをノートを手にしたリポーターとして想像しなければならない。
5) Moralia (社会道徳の批判者)
道徳を確立することが彼らの本当の仕事ではない。むしろ、ここに属する思想家は、彼らが調べている社会道徳や世間一般の価値の編年史家の役目をしている。生命の人工的な概念に狙いを定め、社会的欺瞞を追い詰める。これが彼らの信条で、辛辣あるいは目を覚まさせるスタイルに十分に注意を払って表現される。
6) Eureka (概念の創始者)
時にそれは共通の語彙にある言葉であり、時に専門用語の発見である。いずれにせよ、ここに属する哲学者の名前は、それが形而上学であれ、倫理であり、政治学であれ、彼らが作り出し、認めさせた概念と結び付いている。それは彼らのロゴであり、署名なのである。
7) Incognita (探検家)
外観や自明の事柄の背後には、隠された意味がある。このグループの探検家たちがものについて全く新たな光を当てようとして自らの発見に乗り出す理由がそこにある。これらの未踏の領域に浸りながら、彼らはわれわれとわれわれを取り巻くものを理解するための新しい道を切り開くのである。




Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire