mercredi 2 novembre 2016

もう一つのカフェ (続)



先日、フランス語を読み、哲学を語るカフェのアイディアについて触れた

もう一つのカフェ?」 (10月25日)

マスターが教えるというよりは、参加者と一緒に学び、成長したいと考えているカフェである
自らに引き付けて考えやすいテーマを扱うカフェである
今のところ、この程度のイメージなので、もう少し練る必要があるだろう
考えてみれば、SHEもPAWLも同じだったと言えるかもしれない

昨日のこと、拙ブログの読者という方から都合が合えば参加したいというお便りが届いた
少なくともこのような会に興味をお持ちの方がいるということは分かった
まだ時間があるので、もう少し様子を見てみたい




Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire