mercredi 26 avril 2017

新しく始める者として



今朝の空は快晴ではないもののまずまずであった
しかし、気分がよろしくない
以前から聞こえてくる言い争いの声が朝から聞こえてきたからである
気にしなければよいのだろうが、そうできないほどの激しさなのである
どうもお隣さんのようだ
勝手な想像だが、定年後のご家族ではないだろうか
今朝は物が飛び交う音まで聞こえた
総合すると、一日中争っていることになる
彼らにとっては呼吸するようなものなのだろうか


ぼんやりしている時に目に入ったフッサールの『デカルト的省察』を読み始める
この哲学者を愛するために生まれてきたとフランスの哲学者からご宣託を受けたのは11年前
イメージ、時間、現象学」(2006年4月28日)
丁度良い機会だと思ったようだ
以下にメモしておきたい

-------------------------------

デカルトは素朴な客観主義から超越論的な主観主義へと根本的な転換を行った
前世紀半ばから哲学の衰退は紛れもない
今日の哲学は統一性を持つ生き生きとした哲学ではなく、広がり関連がなくなった哲学文献の山だ
真剣に共にする哲学、互いのための哲学ではなく、見せかけの報告と批判の応酬でしかない
現代哲学の絶望的状況は、デカルトが根本から始めた省察の持つ活気を失ったためではないか

-------------------------------

アラン・バディウ氏が言っているように、哲学者は新らたに始める
そのエネルギーが失われていると20世紀初頭にフッサールは感じていたということなのか


大統領選関連

すべてで明確に対立しているように見える二候補の政策
開かれ、ヨーロッパを重視するマクロンに対して、賢い保護主義とフランス第一を掲げるル・ペン
マクロンの政策はその辺にある言葉で語られ、霧に包まれているのがこれまでは幸いしていた
決選投票までは一対一の討論になるので、その中身のなさが明らかになるだろう
そこで、意見を変える人がいるのではないか、と強気である
討論としてはこれからの方が面白くなりそうである





マクロンが商工会議所を訪問中の町の工場を訪れて、激しいマクロン批判を繰り返したという
マクロンは寡頭支配の仲間で、経済の破壊者であるジャック・アタリの側の人間である
自分はその対極にあり、フランス国民の側にいる人間だと訴えたいようである
今の世界的な流れに従うのか、それに抗して闘うのかという選択になりそうだ

ル・ペンの後にマクロンも同じ場所を訪問したが、手荒い歓迎を受けたようだ
解決策はグローバリゼーションを止め、国境を閉じることではないと反論したとのこと





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire